Kanbayashi バンブーロッド改造

元々は画像のように普通のシングルハンドでした。
画像

でも犀川用9Ft #8 のバンブーということで、
振り回せば疲れるし、画像のような魚が掛かれば(60cm 前後3本!!!)
EXバットがあれば楽ということで
大改造です。

   ~~~~~~~~~~~~~~

元々は横田ロッド・バンブーロッド・ビルディングスクール
でKanbayashi氏が作ったロッドなんですが、
随分前のことなので、
どういう構造か覚えていませんでした。

  ~~~~~~~~~~~~

ではリールシートを外すところから順を追って・・・

いきなり問題発生!(その1)
なんでリールシート部がブラスのパイプになってるんだろ???
・・・覚えてない・・・
画像



まぁいいや。

旋盤に通すためストリッピングガイドと
もう一個ガイドを外します。


なんでダブルラップになってんだ?
画像


EXバットの着けられるスクリューロックの
リールシートにするために
コルクグリップ下部を落とします。

真っすぐに綺麗に線を入れるため
極薄の突っ切りで切り込んで・・・
画像


コルクをむしり取ります。
画像


コルクを整え、
ブラスパイプ径までブランクを削って準備OK
画像


リールシート口金コルクはこんな風に
接着されます。
画像


ここでまた問題発生!(その2)

リールシートの口金の径が以前のより太いので、
コルク一個じゃダメだ!

グリップをさらに落とし、
寸法に合わせコルクを足します
画像


ブラスパイプが8Φでちょっと強度的に心配なので、
上からアルミパイプを被せてリールシート
とコルクを接着します。
画像


これだけの部品を接着するので、
順番に注意!
画像


--- 1 ---
画像


--- 2 ---
画像


--- 3 ---
口金入りのコルクだけです。
リールシートは接着していません。
センターがずれないように差し込んであるだけです。
画像


コルク接着後、バイトで粗削り
画像


ペーパーで仕上げてパテ塗って
画像


研いでグリップ完成
画像


   ~~~~~~~~~~~~

さてラッピングです。

で、またここで問題発生!(その3)

製作者がラッピングスレッドを覚えていない!

「赤」といってもけっこうな種類があるんです。
透け具合からナイロンスレッドとはわかったけど・・・

ナイロンの赤系といってもこんなにあるんです!
画像


しょうがないから「カン」でいきます。
この糸で大丈夫でしょう!
画像


と、思ったら・・・

ここでまた問題発生!(その4)

全然違うじゃん!もっと赤いじゃん!
ガ~~~ン

画像


ガイド2つだけなので、エポキシ塗料混合後、
硬化する前に
大慌てでラッピングし直します!


今度は色合わせバッチリ!

※左右ラッピング幅が大きく違うのは、
前製作者の巻いた糸幅に合わせているためです!

画像


  さらに2度ほど上塗りをして
  乾燥後リールシートを接着



画像


   ========= 完成=========

画像



リールシートのウッドスペーサーはオーナーの
好みの木から作りました。
リールシート下部のEXバットをねじ込むところも
ネジ切りしました。
画像



EXバットをつけるとこんな風になります。
やっぱカッコいいですよね!
画像


さあ、ガッチリ作ったからもう大丈夫。
ガンガン使ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、思ったら、すでにガンガン使ってました!

54cm

画像


64cm
画像


容赦ないっすね!







この記事へのコメント

カン
2019年05月15日 07:11
ありがとうございました!イイ魚を掛けても大丈夫です🙆♂

この記事へのトラックバック