ロンクーシー RON KUSSE 改造

修理内容

・フェルール交換
・リールシート交換
 キャップ&リング → スクリューロック


   ~~~~~~~~~~~~~~~~

ほとんど使っていないロッドです。
スペックは 7'6" #6/7 強烈です。
画像


ほとんど使っていないのに、
フェルールのすり合わせがガタガタです。
画像


オスフェルールのテーパーのつけ方がうまくありません。
差し込み口側(先端)の方が圧倒的に太い!
これではフェルールを入れれば入れるほどガタが出ます。
通常使っていて、こういう風には減りません。
新品時からこうだったと思います。

画像をクリック・拡大して見ていただければわかりますが、
フェルール差し込み部の
下の方は艶消し(梨地)になっていますが、
上半分くらいは光っているでしょ。
これは下部のピンポイントしかメスフェルールの
内側とこすれていないということです。
上半分とメスフェルール内側にはすき間がある。
ということです。
ですからフェルールを差し込むと、メスフェルールの
口金とすき間のあるオスフェルールがカチカチ音を
たてるんです。
微かな音程度でしたら、髪の毛を2~3本はさめば
音も止まりますし、使っていても問題ありません。
でも今回はそんなレベルじゃありませんでした。


ここから作業風景です。

   ~~~~~~~~~~~~~~

見かけを同じにするため、
寸法を測って、おおまかな
設計図を書きます。
画像


さあ、これを外します。

通常フェルールにガタつきが出た場合は
フェルールとブランクの接着も剥がれかけていることが
ほとんどです。
ですからちょっと熱をかければ、大抵は
簡単にフェルールは外れます。
画像


が、今回は新品に近い状態。
ちょっと熱をかけて接着剤を溶かして外そうとしても
ビクともしません。

こういうときは絶対に無理をしてはいけません。
熱をかけすぎてブランクを焦したら "パ~" です。

フェルールを引き抜く時、力が入ってブランクを
曲げてしまっても "パ~"

こういう時は旋盤を使います。

フェルールだけを慎重に削ります。
画像


薄く、薄く何回もバイトを当てて・・・

だいぶ削れて薄くなってきました。
画像


ここからは残ったフェルールに浅く切れ目を入れ
プライヤーでらせん状に引っ剥がします。
画像


こんな感じでフェルールが剥がれます。
火が入っていないので、ブランクの色が
変わっていません。
画像


これ1本だけをやっていると効率がわるいので、
通常のヨコタロッドのフェルール関係の仕事に
合流します。


作ったフェルールの寸法を確認します。
画像


接着剤やら凸凹を慣らすため
ブランクを元の寸法より0.1mm細く削ります。
画像


フェルールを接着します。
手前2本です。
画像


接着翌日、すり合わせします。
画像


フェルール関係はここまで。
黒染めをして、あとはラッピング~塗装です。

お次はリールシート交換です。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~

旋盤に通すためストリッピングガイドを外します。
画像


ウッドのリールシートはチョチョイのチョイとは外れません。
これまたフェルールを外す時と同じく、
旋盤を使い慎重に削り落とします。
画像


これから着け直すベリンジャーのダウンロック・スクリューが長いため、
ウッドだけでなくコルクもちょっと落とします。
画像


新たに使うリールシートの内径に合わせ削ります。
画像


これが入って
画像


こんな感じになります。
画像


   ~~~~~~~~~~~~~

2トップ(フェルール)修理完成
画像


7'6" とはいえ、#6/7と強烈で、ついつい振り回したくなってしまう、このロッド。
スクリューロックのほうがリールの緩みがなく
圧倒的に具合がよく安心だと思います。

画像


外したストリッピングガイドも着け直して
ロッドは完成です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶対に失敗できない”よそ様のロッド”なので、
ピリピリと神経質に作業をすすめました。

でもけっこうこの”緊張感”が好きなんです。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック