2016 「福竿」 製作開始 竹選び~割り

2016「福竿」 製作開始です!


昨年12月からの仕事、新品4本、修理5本も最終塗装に入り
やっと福竿の製作にとりかかれました。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

塗装部屋です。
油断していると息子がホコリっぽい格好でドカドカ入ってしまうので
注意します!
画像


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは福竿製作に入ります!

トンキンケーンの在庫は、まだ200本ほどあります。
画像


そこから同じような”節間”の竹を運び出し
画像


節間ピッタリの6本を選び出します。
なんでかというと、ちょっと説明が難しいんですが・・・

1本の丸竹が17本に割れたとします。
そこから作れる6面ロッドは2本です。
余りの竹片が5本出ます。

でも節間ピッタリの竹が3本あったとします。
同じく17本にそれぞれ割れたとして
51ピースの竹片になります。
そこから作れる6面ロッドは8本

1本づつ割って作っていたら、丸竹1本からロッド2本しかできなかったのが、
丸竹3本だと6本ということ!
節間が同じ竹3本割ったら8本できた!

結局、歩留まりが全然違うんです。

また、丸竹は1本1本ずいぶん個性があります。
硬いもの・やわらかいもの。
くせが強いもの・素直なもの・・・etc

そんな個性の強い竹たちを「まぜこぜに使う」ことで
バラつきが出にくいロッドが作れると、私は考えます。
特に同じモデルを何本も作るときは大事なことだと思います。



同じ節間の竹3本づつを組み合わせます。
画像


これを3Pc用にカットします。
画像


福竿を作るだけならこんなにはいらないんですが、
後々楽なので、8ftの3Pcぐらいまでには対処できるように
たくさん作っておきます。

これを割ります。
画像


これだけあると、”割り”も一日掛かりです
画像


さて、明日からは ”忍耐の単純作業”    「曲げ伸ばし」です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック