(エサ)仕込み~ホタルイカ捕りを見ながら、釣り

私のこの時期のヤリイカ釣り。
エサはコレです。

画像


これを塩漬けにします。
画像


冷蔵庫で3~5日ほど熟成(ほったらかし)します。
水分がある程度抜けて固くなり、使いやすくなります。

(この状態で食べてしまった人がいます。
K林K一氏の奥様というのは伏せておきます)
 
画像


テーラと呼ばれるイカスッテに合わせた大きさに切り分けます。
これは”それ用のまな板”です。
画像


針金でグルグル巻きにします。
真っ暗な中で、はやる気持ちを抑えて現場でこれを
やるのがイヤなので、アタシはいつも工房で
この作業をしていきます!

K林氏はこのような状態をを「メガ盛り」と呼んでいます。
これをイカは抱いてガツガツ食うわけです。
ウキが沈み、大きく合わせるとエサの下のカンナ(掛バリ)
が掛かる!という寸法です。
画像


さて出発!!!


犀川もイイ色です。
画像


いつもどおり白馬をぬけて海へ向かいます。
画像


今日は昼間カレイ。
夜はヤリイカのダブルヘッダーです。

現場到着。
ウナギ以来の待ちの釣りです。
画像


やっと釣れた「泣き尺マガレイ」
腹が凹んでますね~
”ホッチャレ”(産卵直後)かしら?
画像


結局この後はフグの猛攻にあってダメ。
さて、もうじき日も沈みます。
場所変えて、ヤリイカ釣りです。
画像


この時期の風物詩
「ホタルイカ捕り」
投光器焚いて、オヤジが一晩中頑張ります。
画像


今日の海はうそみたいにベタベタ!
潮も全然流れない。
空は暗いし、「ホタルイカにはピッタリだなぁ~」
って思ってたら、やっぱり湧いた!!!

青いのはホタルイカの発光!
綺麗ですよ~~~~~
画像


まぁ釣りはパッとせず2杯のみ。
あれだけ池みたいな状況では釣れません。
それでもカレイもあるし、ツマミには十分です。

息子の四国旅行お土産の酒もあるし、
今夜も宴会!!!
画像


画像


アッという間に完食!
画像


しっかしあのホタルイカオヤジ・・・・・忙しそうだったなぁ・・・
山の植木屋に迫る大声出して頑張ってた。
面白そうだった!

・・・ホタルイカって言えば・・・
今までもらってばかりだったけど、
やってみっかな~






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック