2012「福竿」製作その4 大荒削り ビベラー

曲げ伸ばしも終わり、今日はラフカット。ビベラー(プレーニングマシン)大活躍の日です。

1トン以上の重量があるビベラーです。
画像
 

さすがストロボ撮影。止まっているようですが、アンギラカッターは回転してるんですよ。
手前がトップ用、奥がバット用のベットです。
画像


ビベラーから引き抜いた状態の竹です。
拡大してもらえば3角形になっているのがわかります。
画像


0,01ミリまで設定できます。
画像


作業中の私です。
カンジキやら扇風機やら・・・なんだかなぁ・・・
画像


こんな感じでカットされます。
画像


全部でこれだけ。福竿8本+αで2ピースロッド10本分
画像


ヨコタロッドでは、ビベラー(プレーニングマシン)はラフカットにしか使っていません。
せっかく0,01ミリの精度まで出せるのですが、ベットの設定(竹をのせるレールの上下移動)や試し削りに
半日以上かかってしまうからです。

カンナの方がずっと仕事が早いんです。

ビベラーについては、またそのうちもっと細かく書きたいと思います。
けっこう興味がある方が多くて、質問もきます。


さて、明日からは大好きなカンナがけです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック